Libro リブロ松永

Libro(リブロ)松永駅徒歩7分 美容室/美容院/ヘアサロン

Straight Perm

2019.3.8
3/14(木)は開店時間を14:00~とさせていただきます。

元々クセ毛ではないかのような丸みのあるストレート

デジタルパーマは出始めた頃は"形状記憶パーマ"という謳い文句で売り出されてきました。
今ではホット系パーマの代表となっていますが通常のパーマとは何が違うのでしょうか?
簡単に言うと通常のパーマは濡れている時のカール形成が最大となるのに対してデジタルパーマは乾いている時のカール形成が最大になるという点です。
乾くにつれてパーマが強く出てくるので乾かすだけでスタイリングが完了してしまうといった手軽さがデジタルパーマの魅力ではないでしょうか。

またストレートパーマ(縮毛矯正)と並行して施術される方も多く今日では"ストカール"の呼称も広く知られるようになりました。
クセ毛の方も広がりを気にせずにパーマスタイルを楽しむ事ができる、スタイリングが大幅に楽で簡単にできるといった点も多くの方に支持されている理由だと言えます。

パーマ剤

薬剤の分類

デジタルパーマに使用する薬剤にも通常のパーマ剤と同様に医薬部外品と化粧品の二通りがありますが、デジタルパーマ自体がそれほど強い力の薬剤を必要とはしていない為にダメージ度合いが大きい医薬部外品パーマを使用するメリットはほぼありません。(サロンによっては通常使用される事も多々ありますが・・・)

化粧品パーマ使用が前提のパーマですのでデジタルパーマも通常のパーマと同様にカラーリングとの同日施術が可能です。

デジタルパーマ

デジタルパーマのメリット

デジタルパーマのメリット

  1. 弾力の強いカール形成が可能
  2. パーマの持続期間が長い
  3. スタイリングが簡単
  4. ストレートパーマとの同時施術に向いている

デジタルパーマのメリットはとにかくスタイリングが簡単であること、弾力の強いカールが作りやすいことです。
弾力の強いカールはカールのリッジ感が強く(ウェーブの山と谷の差が大きい)出せるのでカールアイロンで巻いたような仕上がりに近くなります。

デジタルパーマのデメリット

デジタルパーマのデメリット

  1. ロッド自体が発熱する為、ショートにはかけられない
  2. 根本を起こすようにかけるには向いていない(頭頂部のボリューム感は出しにくい)
  3. 施術スタッフによって仕上がりに差が出やすい(難易度が高い)

デジタルパーマのデメリットはロッド自体が発熱して加温する為に地肌に近い部分にはかける事が出来ない点です。
そのこともあり、ボリューム感を出すように根本を起こす事には向いていません。

またカール形成の計算がしにくい為に担当スタイリストによって仕上がりの差が出やすいこともあります。
薬剤の作用も適切に判断しなくてはならない為に過剰作用によるダメージもともないますので施術する美容師も細心の注意が必要です。

Libroで採用しているデジタルパーマ

Libroで採用しているデジタルパーマ剤は化粧品パーマ(コスメパーマ)のみで質感やダメージに合わせて6種類を使い分けています。
縮毛矯正と並行して施術される方も多いので既ストレート部分にも対応させる事を前提とした中性パーマ剤も常備しています。

使用薬剤自体にトリートメント成分が多く含まれており、低温かつ短時間の加温でしっかりと毛髪内部の補修も行いながらパーマをかけられる点が最大のメリットです。